その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

Tableauでのネットワーク分析方法について

今回はTableauでのネットワーク分析方法について解説いたします。 基本的にTableauはネットワーク分析をターゲットとしておらず、Tableau上で実現するにはやや強引な手法が必要となります。 本格的なネットワーク分析をするのであれば、専用のソフトウェアを使うことを検討すべきですが、 他のダッシュボードと一緒にTableau上で表示したい、といったニーズもあるかと思いますのでそういった場合に参考になれば幸いです。 こちらを参考にしています。 http://public.tableau.com/profile/joe.mako#!/vizhome/handoff-map/Dashboard 今回はデータソースとしてネットワーク分析に使えるのものが手元になかったため、 政府統計の総合窓口(e-Stat)の男女,移動前の住所地別都道府県間移動者数-都道府県,3大都市圏(東京圏,名古屋圏,大阪圏) http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001129166 を加工して都道府県間の移住者数を表示します。(意味のない分析ですがご容赦ください) 都道府県間の移動のみを抜き出し、それに地方データ、2014年度の人口データ、各都道府県の座標を加えています。 座標データ(X,Y)はRの標準パッケージ「igraph」の「layout.kamada.kawai」をつかって作成しています。 勿論、実際の緯度経度を使っても結構です。(ただし相当表示を大きくしないと円が重なって見にくくなります。) データを作る際の注意点としては、「異なる場所にある同じ名前のものを繋げる」ことでネットワークの線を表現しているため、 データとして、移動元と移動先をつないだデータ(from)と移動先と移動元をつないだデータ(to)が必要であり、位置情報や付加情報を示すためのデータ(node)が必要になるということです。

本格的な分析には不向きかと思いますが、一応頑張ればそれらしいものが表示できるということで。

細かい仕組みについては是非ダウンロードしてご確認ください。

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

続きを読む Tableauでのネットワーク分析方法について

浮動小数データ(および10進数データ)の取り扱い精度について(前編:Tableauの場合)

一般に何らかの数値データ処理を行うソフトでは必ず「取り扱い可能な数値範囲と精度」が存在し、それを基に各種計算処理において有効範囲や有効桁数を考慮しておく必要があります。TableauやAlteryxにおいても当然ながら数値に関する範囲と精度の問題が存在します。

しかしながらそれぞれ本家のリファレンスマニュアルを参照してもあまり情報が掲載されておりません。そこで今回は実験を行いつつ、範囲と精度に関するお話をいたします。

先に基礎情報として、

*「浮動小数データ」(例えば”float型”とか”Double型”とか呼ばれるもの) *「10進数データ」(例えば”decimal型”と呼ばれるもの)

がコンピュータ内でどのように扱われているかの話につきまして。この辺りはネット上に多数文献が存在しておりますのでそちらをご参照ください。

例) *演算誤差の正体 – IEEE 754 浮動小数点数の仕組み(日経PC21より) *固定精度の数値(IBM Knowledge Centerより)

次にTableauの場合について。Tableauオンラインヘルプより。 *データ型:NUMBER

「Tableau 内の数値は、整数または浮動小数点数のいずれかです。」

10進数型のデータ形式は元々持ち合わせていません。

この辺りは設計思想によるもの(注1)と思われます。ただ、取り扱い可能な数値範囲や、浮動小数の有効桁数については記載がありません。 (注1:Tableauはその目的用途としてデータ分析・データビジュアライズに主眼を置いたソフトであり、会計処理を行うソフトではない。)

そこで実際に値を入れて確認してみましょう。上記のとおり10進数型データは取り扱いされていないため、浮動小数と整数で見てみることにします。

結果として浮動小数、整数共、符号付き64bit(注2)で扱われており、

浮動小数:1.7E +/- 308 (有効桁数:15 桁) 整数:-9,223,372,036,854,775,808~9,223,372,036,854,775,807

となります。 (注2:検証は64bit版Tableau(Ver.9.1.2)にて行いました。 32bit版につきましては手近に適当な環境が無かったため未確認ですが、符号付き32bitになっている可能性があります。該当環境の方はご注意を。)

次回はAlteryxの場合についてお送りします。

Tableau_id執筆者:戸崎 茂雄(Shigeo Tosaki)

続きを読む 浮動小数データ(および10進数データ)の取り扱い精度について(前編:Tableauの場合)

『Tableau Geographical Data Bank』登録リクエストフォーム

新規登録を停止しております。詳細はlodestar@truestar.co.jpまで直接ご連絡下さい。

構成比率を過年度と比較したい場合のtips

今回は構成比率を使用したグラフでの前列データの取得方法についてご紹介致します。

「構成比の前月、前年度や初年度との比較をグラフ上に表示したい」といったときに使えるTipsです。

表計算は便利ですが、正確に記述しないと想定外の挙動を見せる事があります。

解説に使用するデータは恒例の「サンプルストア」です。

通常の前年度比の比較を追加したい場合は、 Tableauでの「対前年増減率」「前年比」の作り方 Tableauでの表計算の扱い方を知りたい場合は、 よくわかる表計算の『表』と『ペイン』 といった記事を参考にしていただければと思います。

今回作成したサンプルの最後のグラフでは最初の年度(列)は比較する対象が存在しないため前年度差が表示されません。 これを防ぐためには、最初の年度を非表示にするという方法が存在します。 ただし、年度でフィルタを掛けるとフィルタの値とグラフが一致しないといった問題や、 そもそも「グラフに必要な年度より前の年度のデータが存在しないと作成できない」といった問題があります.

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

続きを読む 構成比率を過年度と比較したい場合のtips

特殊な並べ替え

ダッシュボードを作成していると、グラフや表をいろいろな切り口で並べ替える必要が生じます。 しかし、表計算などを使用したメジャーでうまく並べ替えられない、というご経験をされている方は少なくないのではないでしょうか? 今回はそんな悩みを解決するTIPSです。

裏技的な解決策なので若干手間はかかりますが、目的は十分達成できるということで。

続きを読む 特殊な並べ替え

ショートカットリスト

Tableau Desktop のショートカットキーはオンラインヘルプで共有されています。

http://onlinehelp.tableau.com/current/pro/online/ja-jp/help.htm#shortcut.html

ですが、わかりづらい用語があったり、ショートカットで使用するキーボードのアルファベット順に並んでいたりと微妙に使いづらいので、ざっくりと用途別にExcelでA4一枚にまとめてみました。

Tableau-Shortcut

実際に良く使うものは限られると思いますがお役に立てばということで。

 

ちなみに、今回のような作表はExcelやWordで作成した方が良いと思います。(Tableauでもそれなりのものはできるかもしれませんが・・・)

何でもかんでも全てTableauに置き換えるというのは、そもそも無理な話で、ITツールは使い分けが肝心です。

 

T.Fuji

 

 

ダッシュボードやワークシートへのリンクを張った目次(table of contents)の作り方

ダッシュボードが多くなってしまい各ページへのリンクを張った目次を作りたい、といった時に役立つTIPSです。

他のダッシュボードに移動する目次の作成(Tableauナレッジベース(日本語))

http://kb.tableau.com/articles/knowledgebase/creating-table-contents-navigate-other-dashboards?lang=ja-jp

Tableauコミュニティ(英語)

http://community.tableau.com/thread/176230

を参考にしています。

使用データソースはサンプルストアです。

目次を作る場合は表示用のワークシートとは別に専用のワークシートを作る必要があります。

行に目次内容を記述し、表示形式を形状にします。

最初は円が表示されると思いますが、リンクに相応しい形状を選択しなおします。

マークの形状から選択可能です。

Windowsであればエクスプローラでドキュメント内の「マイ Tableau リポジトリ」→「形状」にフォルダを作成し、画像データを入れることでオリジナルの形状を選択可能です。

ひとつのダッシュボードから複数のダッシュボードへのリンクを作成する場合は枚数文の目次用ワークシートを作成する必要があります。

 

必要数分のワークシートを作成したら目次ダッシュボードを作成しましょう。

見た目が完成したら、メニューのダッシュボード→アクションからアクションを追加します。

ソースシートにジャンプに使用するワークシートを指定しアクションの実行対象を「選択」に、ターゲットシートにジャンプ先のダッシュボード又はワークシートを指定します。

ターゲットフィルタを選択したフィールドにし、何も指定しないようにします。

これをリンク数分個別に繰り返して完成です。

「選択」でのリンクではなくメニューからのリンクを作る方法等もございます。

そちらは上記Tableauナレッジベース等からご確認ください。

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

 

 

続きを読む ダッシュボードやワークシートへのリンクを張った目次(table of contents)の作り方

『社会生活基本調査』加工TDEデータ その2

今回は、前回のTDEデータに引き続き、政府統計データ-社会生活基本調査のうち、『生活行動に関する都道府県別データ』を加工したものをリリースいたします。 前回は「行動率」に関するデータでしたが、今回は「行動時間」に関するデータとなります。 前回同様、都道府県ごとの行動傾向などを大まかに探ることができると思います。 下記のTableau Publicのデータをダウンロードしていただけると、TDEデータの一部を確認して利用していただけます。

Learn About Tableau

もちろん ”’『Tableau Geographical Data Bank by TRUESTAR』”’ のWebサイトでもTDEデータをダウンロードできますので、登録がお済の方はログインして、どうぞご活用ください。

引き続き登録を受け付けておりますので、まだの方は下記までメールを送りください。 TGDB登録リクエスト この他にも、無償で様々なデータを提供させていただいております。

これからも引き続き有用なデータをリリースしていきたいと思いますので、ぜひ積極的なご活用をよろしくお願い致します。

S.Ebinuma

続きを読む 『社会生活基本調査』加工TDEデータ その2

データソースをまたぐ日付フィルター

このトピックも初級者向けです。 複数のデータソースをTableauで表示する場合に、フィルターが連動しなくて困るケースがあります。 その場合はパラメーターが便利です。 一例をストーリーにまとめました。

そもそもデータソースを一つにまとめてしまってからTableauにつなぐという選択肢も当然ありますが、パラメーターは非常に良く使う機能ですので、早い段階でマスターすることをオススメします。

続きを読む データソースをまたぐ日付フィルター

ダッシュボードスペースの有効活用

このTipsでは限られたスペースを有効活用することが可能です。

ダッシュボードに情報を過剰に掲載すると、本来伝えたい内容がぼやけたり、見る側の負荷が増しますので、そういったネガティブな要素の解消にも役立ちます。

T.Fuji

続きを読む ダッシュボードスペースの有効活用