その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

表計算の詳細について:レベルと再開間隔

表計算の詳細について第二段ということで、レベルと再開間隔についてです。 この二つを理解しているかどうかで表計算の利便性は格段に変わると思います。 ただ再開間隔は字面を見ればどんなものか想像がつきますが、レベルは字面を見ても想像がつき難いです。 本投稿ではレベルと再開間隔を簡単な例とともになるべく分かりやすく紹介していきたいと思います。

今回の投稿は前回の 表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定 からの続きになります。 前回は表計算の詳細で指定する区分と場所について簡単な例とともに紹介いたしました。 前回を読まなくても問題無い内容となっていますが、細かいデータの設定等については省略させていただきます。 今回も使用するデータはサンプル「スーパーマーケット」、表計算にはINDEX関数を使用しております。

実際に中身を見る前に、レベルと再開間隔とは何ぞやという問題がありますので簡潔にまとめます。

レベル:指定した場所の水準(Level)以上で計算を実行する。 再開間隔:指定した場所の単位で区切って計算を一から始める。

場所と書いてあるようにレベルと再開間隔では場所の指定で設定したものしか使えません。

実際に中身を見ていきましょう。まずは行に地域と都道府県を列に年 オーダー日とオーダー日の月を配置します。 前回のおさらいもかねて、区分の指定に年 オーダー日とオーダー日の月を、場所の指定に地域と都道府県を入れて、 レベルと再開間隔は初期状態のまま(レベル:最も深い、再開間隔:なし)で適用してみます。

年と月の範囲で都道府県、地域方向に計算します。

上の例を使ってレベルと再開間隔を設定すると挙動がどのように変化するかを見ていきます。 先にも書いた通りレベルと再開間隔には場所で指定した内容しか選択できません。 上の例のとき初期状態のままだとレベルの中には、

・最も深い ・地域 ・都道府県

の三つが選択できるようになっています。

同様に初期状態のままだと再開間隔には、

・なし ・地域

の二つが選択できるようになっています。

なぜ再開間隔の選択肢がレベルより一つ少ないのか疑問に思う方もいるかもしれません。 再開間隔はレベルより浅い場所しか選択できないためレベルよりも選択肢が一つ少なくなります。理由は後述してあります。興味のある方は読んでみてください*1。

今回は場所の指定に地域と都道府県を指定したので、レベルも地域と都道府県を選択できます。 デフォルトで選択されている「最も深い」は選択肢の一番下を選択したのと同様です。 まずレベルを一番下にある都道府県で実行してみます。

結果は初期状態のときと変わりません。

上でも書いたとおり初期状態で選択されている「最も深い」は選択肢の一番下を選択したのと同様です。 今回の例ですと一番下は都道府県になっていますので「最も深い」を選択したのと変わりません。

またレベルを地域に設定します。都道府県の水準では計算せず、地域水準で計算を行います。 年と月の範囲で都道府県を考慮せず地域方向にのみ計算していることが分かります。

次に再開間隔を設定してみます。

現在の設定では再開間隔は地域しか選択できません。再開間隔はレベルの設定より浅い場所しか指定できないためです。 今の設定でレベルを地域に指定すると再開間隔は設定できません。 レベルを都道府県、再開間隔を地域に設定します。

年と月の範囲で地域と都道府県方向(下方向)に計算を行い、地域の単位が関西地方から関東地方に切り替わった際に計算が初めから行われているのがわかります。

続きを読む 表計算の詳細について:レベルと再開間隔

表計算の詳細について:応用編

表計算の詳細シリーズのおそらく最後になります。 一回目 「表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定」 二回目 「表計算の詳細について:レベルと再開間隔」 過去二回で簡単にではありますが表計算の詳細について紹介しました。 三回目は今まで紹介していたことを交えて表計算をいろいろと使っていきます。

さすがに表計算だけで全てをまかなうのには限界があるためパラメータやフィルターも使っています。 今回は今までのようなINDEX関数を使った例ではなく「スーパーストア」の売上を使います。 今回やることは以下になります。

『サブカテゴリの最新月時点での売上と前年同月までの累計売上増減比率を増減比率の順位で示す。』 下図が完成形となります。 全データを使用するとサイズが大きくなるのでカテゴリを家具で絞っております。

ステップとしては下の①から⑤の順番で行います。

①年月の累計売上の算出

②前年同月の累計売上の算出

③前年と当年の累計売上増減比率の算出

④最新月のみ表示

⑤売上増減比率の順位で並び替え

お時間が取れる方は回答を見る前に自前でどこまで出来るか挑戦してみるのも良いかと思います。 挑戦する際は上のステップの通りにやる必要はありません。 出来るところからやっていただいて構いません。

ヒント:今回の表計算の詳細画面には下記の図のように計算フィールドが複数の物もあります。

 

今回の内容はかなり長くなってしまいましたのでストーリーにさせていただきました。

<a href=’#’><img alt=’表計算の詳細について:ちょっと複雑にしてみた ‘ src=’https:&#47;&#47;public.tableau.com&#47;static&#47;images&#47;_6&#47;_6381&#47;1&#47;1_rss.png’ style=’border: none’ /></a>

今回のを含めて三回、表計算の詳細について投稿いたしました。 記事を書いている中で筆者にも勉強になることが多くありました。 表計算はTableauの中でもよく使いよく躓く箇所だと思います。 これらの記事がTableauで表計算を使う際の一助になればと思っております。

これにて表計算の詳細シリーズは終了?となります。 次回は完全に未定ですが、ネタが見つかったら書いていこうと思います。

Tableau_id執筆者:鶴岡 鯨魚 (Isana Tsuruoka)

続きを読む 表計算の詳細について:応用編

データの集計、非集計について

Tableauでは既定ではディメンションをビューに入れると非集計として、メジャーを入れると集計として扱います。 集計と非集計とは何なのか、計算式を書く際の注意点について書いてみたいと思います。 使用するデータソースは「サンプルストア」です。

集計とは データの区分となるセルに対して、一つの値になるように集計します。 平均、合計、中央値、最大値、最小値等様々な集計方法があります。 ポイントは、一つの値になるように集計するということです。 文字列を集計として扱わなければならないときに壁となります。

非集計とは データを集計せず、一行ずつ別のものとして扱います。 ビューに追加する場合はデータを区分する単位となります。

 

計算式を作る際の注意点 以下の2点が挙げられます。 いずれも重要となりますので、確認してみてください。

・かけ算と割算 初級者がつまずきやすい点です。 かけ算と割算する際に非集計データを使用するとレコードごとにかけ算、割算し、その結果に対して更に集計を行うことになります。

合計に対してかけ算割算を行う場合は以下のように明示的に行います。

続きを読む データの集計、非集計について

TableauにおけるExcelのカタカナデータの読み込みエラーについて

TableauではExcelのカタカナデータをうまく読み込めないことがあります。

例えば以下のようなExcelデータがあります。

ExcelのワークシートをTableauでそのまま読み込むと

カタカナのみのデータがひらがなとして読み込まれてしまいます・・・

Tableau社によると、製品管理チームに対する機能要望としては上がっているそうですが、日本ローカルの問題なので後回しになっている模様です。 2014年の段階で、数多くのTableau本を執筆されているプリンシプル社の木田氏がコミュニティのIDEA欄に要望を出されています。

https://community.tableau.com/ideas/3467

ここへの賛意が多いと実装への優先度が上がるとのことですので、同じ課題を抱えていらっしゃる方はポチっとしていただければと思います。

本題に戻り、この問題に対する妥協案をTableau社からご提示いただきましたのでそちらも共有します。 まず、Excelのままだとダメなので、該当するシートをテキストファイル(txtまたはcsv)で保存します。

テキストファイルを読み込んで、データソースの選択画面でプロパティを開きます。(右クリックでも▼クリックでも)

そこでロケールを日本から

英語(アメリカ合衆国)に変更します。

すると・・・、あら不思議、正しく読み込まれました。 ※英語(アメリカ合衆国)以外でもうまくいく言語は多数あります。

根本的な解決策ではないですが、とりあえず妥協案ということで。

Fuji

続きを読む TableauにおけるExcelのカタカナデータの読み込みエラーについて

AlteryxにおけるExcelの日本語データの読み込みエラーについて

日本語入力したExcelデータをAlteryxで読み込むと

Excel内部で保持している日本語のふりがなデータが出力されてしまいます。

ちなみに別のアプリケーションから吐き出されたデータをエクセルに出力した場合は基本的に生じませんが、Excelに手入力すると起こる問題です。

これまでは、いったん別のシートに数式貼り付けした後に値貼り付けで戻す、のような不毛な作業で解消していましたが、国内では希少なAlteryxヘビーユーザーの方に解決策を教わりました。

File FormatをExcel Legacyに変更するだけとは・・・。あまりに単純な調整で解消したので驚きました。 でも言われなければずっと気づかなかったなと。

なお、年月のフォーマットがdateからdatetimeに変わっていますが、業務上影響はないですね。影響があるならSelectツールで型変換すれば解消です。

Fuji

表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定

表計算は使いこなせれば便利なツールになりますが、なんとなく使っていると盛大に躓くツールでもあります。特に表計算の詳細では説明を読んでも区分やら場所やら何のことを表しているのかよく分かりません。

本投稿では表計算の中でも表計算の詳細の挙動について簡単な例を示しながら紹介していきます。内容が多いため二回か三回に分割して投稿します。

表計算の表とペインについては、 「よくわかる表計算の『表』と『ペイン』」 「表計算の細かい挙動について」 に書いてありますのでご参照ください。

本編に入る前に今回使用したデータについて簡単に説明します。飛ばしてしまっても問題ありません。

もし、Tableauを使える環境にいましたら実際に動かしながら読んでいただければより理解しやすいかと思います。

データはtableauに入っているサンプル「スーパーストア」の注文を使用します。 列に年と月、行に都道府県を配置します。 そのままだと少々見にくいので年と地域をフィルターにかけています。

表計算にはINDEX関数を使用します。 INDEX関数は現在いる場所の番号を返す関数です。これを使用することで計算の挙動を追うことが出来ます。

ためしにINDEX関数の計算結果を表(横)で入れて見ます。 そうすると単純に横方向に現在いる場所の番号を返しているのがわかります。

前置きが長くなりましたが、以下からINDEX関数を使った表計算の詳細についての説明になります。

表計算を使用しているメジャーを右クリックしてメニューから表計算の編集画面を表示します。

表計算の編集では計算の定義から「次を使用して計算」、「レベル」、「再開間隔」の三つを指定することが出来ます。

詳細を指定するには「次を使用して計算」のドロップダウンの一番下、詳細を選択します。 詳細のメニューには ・区分の指定 ・場所の指定 ・並び替え の三つがあります。 今回は区分の指定と場所の指定について説明していきます。

詳細のメニューを開いた初期の状態では行、列、詳細に置いてあるディメンションが区分の指定に入っています。

区分の指定に入っている物をダブルクリックか鏃形(>・<)のボタンで場所の指定に移動できます。場所の指定に入れた物を区分の指定に戻す場合も同様です。

また、場所の指定に入っている物は上へ・下へボタンで順番を入れ替えることが出来ます。

まずは区分の指定にオーダー日の月と 都道府県、場所の指定に年 オーダー日を入れてみます。 下図のように2013年には1、2014年には2が入っただけの結果が表示されます。これは緑で囲まれた範囲(1月の茨城)を年方向(2013年と2014年)に計算しています。

次に区分の指定に都道府県、場所の指定に年 オーダー日とオーダー日の月を入れてみます。 すると、緑の範囲(茨城県)を月方向(1月から12月)かつ年方向(2013年から2014年)で計算しています。これは、表(横)と同じ結果になります。

場所の指定では入れる順番も重要になります。計算の順番は場所の指定の下から上へ順に計算を行います。 一つ上の例の区分の指定を変えず、場所の指定をオーダー日の月、年 オーダー日という順番に変えてみます。 場所を逆にしたので計算は都道府県で年方向かつ月方向に実行されます。 文字に起こすと、茨城県の2013年の1月、2014年の1月、2013年の2月、2014年の2月、2013年の3月…2013年の12月、2014年の12月という順番で計算しています。

これで表計算の詳細の区分の指定と場所の指定について、一通りの機能を簡単な例ではありましたが紹介しました。

 

今回のまとめ:

区分の指定は計算範囲の設定。

場所の指定は計算方向の設定。

場所の指定の順番は下から上の順で計算する。

区分と場所、場所の順番を指定することで、計算範囲と計算方向、計算の順番を設定することができる。

続きを読む 表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定

データブレンドを使用して別のデータソースから静的に情報を付与する方法

今回はTableau社のTutorial映像(英語)からの受け売りです。 http://www.tableau.com/ja-jp/learn/tutorials/on-demand/cleaning-data-bulk-re-aliasing

内容はタイトルどおりですが、実際に見てみないと?という感じだと思いますので日本語で読みたい方向けに説明いたします。

今回はサンプルストアの注文シートと関係者シートを使用します。 注文データソースに地域マネージャー情報を付与してみましょう。 通常思いつく方法は ①データソースの結合 ②データブレンド の2点だと思います。 ざっとやってみましょう。

①データソースの結合 図のようにデータソース画面から結合をおこないます。

通常のディメンションと同様に地域マネージャーを使用できます。 メリット ・(データブレンドより)一般的に高速 デメリット ・複数の異なるデータソースから結合できない(10.0で解消)

②データブレンド

先に注文データソースから「売上」を入れ、次に関係者データソースから「地域マネージャー」を入れます。 リンクが適切に設定されていれば結合と同様の結果が得られます。

メリット ・異なるデータソースからブレンド可能 ・手軽 デメリット ・低速

それでは、今回の本題の「データブレンドを使用して別のデータソースから静的に情報を付与する方法」を行います。 データブレンドを使用するところまでは②と同様です。 プライマリデータソースから「地域」をセカンダリデータソースから「地域マネージャー」を行に入れます。 行に追加した地域マネージャーをクリックすると「プライマリグループの作成」「プライマリ別名の編集」が表示されます。 2パターンとも説明します。

まずは「プライマリグループの作成」から。 グループの編集画面が表示されるのでOKを押します。 プライマリデータソースに名前を地域マネージャーでくくったグループディメンションが作成されます。 セカンダリデータソースとの接続を解除しても、そのまま使用できます。

メリット ・異なるデータソースから付与可能 ・手軽 ・高速 ・付与後はセカンダリデータソースを閉じてよい デメリット ・グループ特有の制限がかかる(計算式に挿入できない) ・その時点でのセカンダリ情報を静的に付与するため、セカンダリデータソースが更新されても更新されない

次に「プライマリ別名の編集」です。 別名の編集画面が表示されるのでOKを押します。 「地域」に「地域マネージャー」が別名として登録されます。 先ほどと同様にセカンダリデータソースとの接続を解除しても、そのまま使用できます。 対象ディメンションの別名が直接更新されるので元のディメンションとしての表示は出来なくなります。 その為一旦複製して、複製したディメンションに対して別名の編集を行うのが適切です。

メリット ・異なるデータソースから付与可能 ・手軽

続きを読む データブレンドを使用して別のデータソースから静的に情報を付与する方法

レイアウトコンテナーを使いこなす

レイアウトコンテナーはマニュアルにも記述が少なく、 ダッシュボードを作成する工程で使い方で躓いてしまう方もいるかと思います。 今回はそんなレイアウトコンテナーに関する小技をご紹介致します。

※タイルや水平&垂直オブジェクトをレイアウトコンテナーと呼びますが、 ここではタイルはタイル。水平&垂直オブジェクトをコンテナーと表現させて頂きます。

さっそくですが、Tableauでダッシュボードを作成する際、複数のワークシートを配置して位置を調整しようとすると、 以下のような状態となって、ワークシート毎に位置を調整しなければならない。そんな経験があると思います。

横幅の調整をまとめて実施したい時は対象をコンテナーに入れてしまいましょう。 垂直方向のタイルオブジェクトを選択して、以下の位置へ配置します。

コンテナーを配置したら入れたいワークシートを入れていきましょう。 コンテナー内に移動する場合はワークシートをドラッグした後にマウスオン状態で青い太枠が表示されていることが目印です。

入れ終わったら横幅を調整してみましょう。 まとめて調整可能になっています。

先ほどは”県”に関係するワークシートをまとめたので、 “地域”に関連するワークシートもまとめましょう。

横幅の調整ができるようになったら縦幅の調整もしたいのですが・・・

あれ、コンテナーを表示する青い太枠が二つに分かれてしまうような予感がします。 そのまま操作を終えると、先ほど垂直方向に配置したコンテナーがタイルになってしまいました。

この場合、タイルの中には垂直方向のコンテナーが二つ入っている形となり、 繰り返すとダッシュボード内がタイルだらけになってしまいます。 タイルにはタイルの良いところがあるのですが、今回はこの現象を回避する方法をご紹介します。

縦幅調整を行う前の状態に戻し、コンテナーを選択してから▼のメニューを開くと “コンテナーの書式設定”ができます。

枠線を設定すると、コンテナーに枠線を付けることができます。

枠線を付けた垂直方向のコンテナーはタイルになってしまうことはありません。

枠線を付ける操作はタイルに対してはできません。 水平&垂直方向のコンテナーに対してのみ可能なようです。

ひとつのダッシュボードに複数のワークシートを詰め込むような場合、 ワークシートのグループがわかるように枠線が使いたい、と言ったときにも使えそうです。 空白オブジェクト(不動)に枠線を設定して配置するのも手ではありますがあまりオススメしません。

ただこの小技にも弱点があり、コンテナー内のワークシートどうしの幅が自動で調整される為、 すべてのワークシートを意図したサイズにするのに手間がかかる場合がありますのでご注意ください。 その点では水平&垂直コンテナーを使用せずタイル内に収まっているワークシートは、 自動でサイズ調整されない為、扱いやすいという面もあります。

シチュエーションに併せてレイアウトコンテナーを使い分けて、効率よくダッシュボードを作成するようにしましょう。

Tableau_id執筆者:大井 禎英(Tomofusa Oi)

続きを読む レイアウトコンテナーを使いこなす

文字列の結合方法について(PREVIOUS_VALUEの利用)

今回は文字列結合に関するTipsです。 (使用するデータはいつも通りサンプルースーパーストアです)

特定地域の顧客リストを作りたいといった要望はよくあることと思います。 テキストに文字列を入れると並べて表示してくれますが行、列には置けません。 また、Total等を使用しても、文字列を結合することは出来ません。

そんな時に使用できるのがPREVIOUS_VALUEです。 PREVIOUS_VALUEは前の行の同じ計算の値を返す関数ですが、こちらは文字列でも使用可能です。 そのため、 「PREVIOUS_VALUE(“”)+ATTR([顧客名])」 として表計算を調整することで文字列を結合していくことが出来ます。 ただ、そのままだと下の図のように結合途中のものも表示されてしまいます。

「last()=0」 と計算式をつくると、最後のみtrueになりますので、 こちらを入れて表計算を調整し、falseのものを非表示にすれば完成です。

今回の方法の問題点は、表示していないだけで顧客数分表が出来ている点です。 その為、データ量が多くなると重くなると想像されますのでご注意ください。

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

続きを読む 文字列の結合方法について(PREVIOUS_VALUEの利用)