Press "Enter" to skip to content

日常レポートにおけるストーリーの使い方

Tableauの機能の中でワークシート、ダッシュボードは使うけどストーリーは使ったことがないな?という方も多いのではないでしょうか。

(左からワークシート,ダッシュボード,ストーリーの追加)

Tableauの公式のヘルプを見ると以下のように記載されています。

Tableau のストーリーとは、情報を伝達するために連続した視覚化を組み合わせたものです。ストーリーを作成することで、データを物語風に語ったり、背景を提供したり、決定と結果の関連を示すことができます。または単に強力な説明を行うこともできます。

https://onlinehelp.tableau.com/current/pro/desktop/ja-jp/stories.html

もちろんこういった使い方が本来の用途かと思いますが、ストーリーの特性を利用して日常のレポーティングにも活用できる可能性があるかもしれない、
というのが今回の投稿内容となります。

 

スーパーストアのサンプルワークブックを使用します。

ストーリーはダッシュボード又はワークシートを挿入して更に説明書きを加える機能があります。

 

 

もう一つの特徴として、

・変更したフィルタは元のダッシュボードやワークシートには反映されず、そのストーリーポイント内のみで維持される

という点が上げられます。

これを利用すると、

・関東地方の情報、関西地方の情報をフィルタを切り替えずに配信したい

という時に、同じダッシュボードを複製してフィルタだけを切り替えたものを別途用意する必要がなくなる可能性があります。

注意点としては、

・ストーリーポイント内で変更したフィルタは元のダッシュボードやワークシートでフィルタを変更しても反映されなくなる

点が上げられます。

逆に言えばストーリーポイント内で変更していないフィルタについては、元のダッシュボードやワークシートでフィルタを変更すれば反映されます。

少々癖があり使いにくい部分がありますが、使いこなせば便利な側面もありますので是非お試しください。

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

Comments are closed.