Press "Enter" to skip to content

ワークフローのログをメールで送信してみよう

Alteryx User Group in 東京 Advent Calendar 2018
12月8日担当の大井です!
土日も構わず更新していきますので、どうぞお楽しみください!

本日はAlteryxワークフローの実行ログをメールで送信してみます。
これができると長い更新処理を専用端末に実行させておいて、
別の作業中に完了をメールでお知らせしてくれる。みたいなことができちゃいます。


前提

できると便利ではあるのですが、Alteryxからメールを送付する為の環境設定はこの記事では扱いませんので、お使いの環境のSMTPサーバー管理者さんにご相談を。

事前準備

ワークフローのログを収集しようとすると追加のTOOLが必要となりますので、AlteryxCommunityにGETしに行きます!

以下の赤枠からDLできます

解凍したら”Install.yxwz”を実行するとインストーラーが起動されるのでそのままインストールしましょう。

するとこんな感じにTOOLが増えます。

その中で、今回の主役はこの2つになります。

Runnerツールと、     Log Parserツール
  

では、見ていきましょう!


Runnerでワークフローを実行させる

このツールはワークフローを登録するだけなので設定は簡単。
設定されたワークフローはRunすると実行され、結果を返す。
正常終了(Warning含む)はSに、異常終了はFにデータが入ります。

この絵はS側の結果となり、F側ではMassage TypeにFailedが入る形となります。
Runnerの注意点としてはワークフローのパスはすべて半角英数字でないと読み込みに失敗してしまう為、フォルダ構成を工夫する必要があります。

実行されたワークフローのログをLog Parserで取得する

このツールはRunnerの後ろにコネクタで接続すればワークフローのログを取って来てくれます、設定は不要なのでとっても簡単。

集めたログのイメージはこのような感じ

欲しい情報を抽出する

今回は実行時間とWarningの情報を取ってみます。

すべての値にカラム名を付与して

レコード単位で全情報を持ったカラム(Body)を更に用意
これがメールのBodyになります。

Alteryxでメールを送信する際のポイント

Alteryxでメールを送る時は1レコード1通のメールを送ってしまう為、
送りたい情報は1レコードに纏める必要があり、こんなサマライズを入れます。
ActionをConcatに指定しているのは縦方向に情報を1セルに収めるイメージですね。

最後にメールTOOLの宛先や本文に用意したカラムを登録すれば完成!

それでは良い週末を!

いいね! 0
Loading...