Press "Enter" to skip to content

ABC分析グラフ(パレート図)の作り方

今回は在庫管理等で用いられるABC分析グラフ(パレート図)の作り方を紹介します。

ABC分析は売上や販売数構成のうち70%を占めるものを「A」70~95%を占めるものを「B」それ以外を「C」とするものです。(%は必要に応じて上下させる)

使うデータソースは「サンプルストア」です。

閾値の変更や設定用に比較する指標の変更ができるようにパラメータを使用しています。

ランク付けのための計算式は以下のようになっています。

if first() = 0 or lookup(RUNNING_SUM(SUM([指標]))/ TOTAL(sum([指標])),-1) < [Aランク閾値] then “A” elseif
lookup(RUNNING_SUM(SUM([指標]))/ TOTAL(sum([指標])),-1) < [Bランク閾値] then “B” else “C” end

最初の数値は必ずAランク、手前の数値がAランクの閾値を下回っていればAランクになるようになっています。

現在の数値そのものを扱ってしまうと、一つでAランクの閾値を超えてしまうとAランクが存在しないといったことになってしまうためです。(そのような場合にABC分析を行う必要があるのか?という疑問もありますが念のため)

閾値をまたぐ商品は上のランクとして扱うよう設定していますが、少し計算式を変えれば調整できますの必要に応じて変更してください。

シンプルな構成ですので、興味のある方はダウンロードして確認してみてください。
Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

Comments are closed.